さかつう鉄道模型店
DCCのヒントコーナー

このページではDCCの際に知っていた方が良いこと、ヒントなどを掲載していきます。

1.線路電源は先に入れるべし
 アナログDC(=以下、便宜上、ADC)制御の場合は『車輛を載せてから電源投入』が当たり前でしたが
DCC制御(=以下DCC)の場合、私の経験から『線路電源が投入されている線路へリレーラーを用いて
車輛(特に機関車)を投入』の方がデコーダーに対する負担が少ないようです。

 というのもADC時はコントローラーのスロットルを回すことで0ボルトから12ボルトへ変化しましたがDCC
時は電源投入時に0ボルトから一気に13.5ボルト(=カトー/デジトラックスD-101日本国内仕様単体
使用時。レンツ等の他社製品では16ボルトの場合も)まで一瞬のうちに上昇します。
 このとき瞬間的にですが電流値が『通常時の10倍』程度に上昇した上で2.5アンペア付近(=D-101)
で落着きます。
 この電流値の瞬間的上昇の事を電気用語では『突入電流』と称するようです。
 この突入電流がデコーダーを痛める、というわけです。

 事実、店頭にて問題なく試運転を行ったお客様から『自宅で運転しようとして電源を入れた瞬間に
LEDが切れた』という事例がありました。(この場合はディーゼル機関車のナンバーボードだけが、です。)
 伺うとその方も『車輛が先派』でした。

 ではレイアウトなど常時車輛が載っている場合はどうしたら良いか?その答えは当店店頭にある試運転
兼デモ線にあります。(鉄模連ショウでも一部カットしていますが同じ物を持参しています。)

 当店のHOスケール用試運転線は複線に片渡り線が2箇所あります。それらはすべて『非選択式(=
どちらに開いていても両方向に電気が流れる仕様)』です。
 それ以外に選択式(=開いている方向のみに電気が流れる仕様)になっている『ムダな』ポイントが1箇所
セットしてあります。
 それはショーケース側の線路の最もコントローラーに近い場所でフィーダー線路と片渡り線の間です。
 分岐器の向きは『片渡り線向き』です。
電源投入前

このポイントはコントローラーからの電気を逃がすため
『側線向き(=脱線ポイント状態)』です。

上写真:D-101
液晶画面右の『TRACK STATUS』ランプが消えていること
から本線へ電気が供給されていないことがわかります。

下写真:ポイント。側線側へ切り替わっています。
電源投入後、若干間を空けてから、このポイントを
本線側(=機関車がいる方)へ切り替えれば安定した
状態になっている電気が流れる、というわけです。

 電源を落とす際は逆の手順で行えば良いわけです。

上写真:D-101
液晶画面右の『TRACK STATUS』ランプが点灯している
ことから本線へ電気が供給されていることがわかります。

下写真:ポイント。本線側へ切り替わっています。
 ただし鉄模連会場の場合、スペースの関係上、上記のポイント部分は持っていけません。そのため会場
では『D-101と接続してあるコードを抜いた状態で電源ON/OFFを行う』という形で対処しています。

 これを応用すれば固定レイアウトの場合、D-101(=コマンドステーション)とフィーダー線路の間にON/
OFFスイッチを設け、これを操作することによってD-101からの電気が運転用線路に流れないようにする、
という方法が良策かと思います。
2.一個体の連続走行は手短にすべし
 実物も走行→駅等で停車、を繰り返すわけで、その中には車輛自体を休ませる都合上の場合もあり
ます。夏、抵抗制御の電車から降りると床下から『ムワッ!』とした熱気が上がっていることでもわかるか
と思います。

 模型車輛などが搭載しているDCCデコーダーは『電子部品の塊』です。お手持ちのパソコン等で
おわかりのとおり電子部品は基本的に通電中は発熱します。もちろん室温や人間の体温程度では壊れ
ませんが『連続走行している』ということは、すなわち『コマンドステーション(=コントローラー)と絶えず通信
している』ということです。
 さらに走行機能のデコーダーが搭載されている場所はモーター付近であることも多いですし、蒸気機関
車のテンダーのように『密閉された場所』であることも多いです。パソコンなどのようにファン等を付けて『
強制空冷する』という手もあるかもしれませんが、それが出来るのはOスケールなどの大型模型だけかと
思います。
 となればHOやNでは『停車させて冷やす』しか方法はありません。

 欧米で多く行われる『実物の運転を再現した複数の人物による運転セッション』でも『たった一つの
動力車が常時走行している』というのは、ものすごく小さな鉄道を除き、実物の運転を再現している以上
、ほぼありえない話で退避や行き違い、機関車交換といった『停車』を繰り返すわけです。

 しかし日本でよく行われる『お座敷運転』では多くの場合、エンドレスを常時走行していることになるため
デコーダーが熱暴走しやすい環境、とも言えます。
 実際、デコーダーによっては30分以上連続走行していたら誤動作をするようになった、という事例もあり
ます。(どの程度のスピードであったのかは不明です)

 本来、DCCサウンドが付くと『スケールスピードに近い運転をしたくなる』はず(そうしないと音が不自然に
なる)なのですが中には『音が付いてもカッ飛ばさないと気が済まない!』という方もいらっしゃるようで…。
 これはもうデコーダーにしてみれば『熱暴走してください!』と言われているようなものです。

 ですので一個体の連続走行はスピード、環境、当日の室温等にもよるでしょうが『スケールスピードで
あっても10~15分程度』に留めておいた方が無難だと思います。

 ちなみに当店のデモ機達は営業時間中(=1日約8時間程度)は常時数輛がサウンドを発していますが
、それは『常時停車』だから出来る芸当、とも言えます。(それでも車輛を触ると温かくなっています。)
3.アドレス変更する際はCV29の数値を変更してから!
 アドレス変更する際、2桁から4桁にする場合はCV29の数値も変化します。が、一部デコーダーでは
先にCV29の数値を変更しておかないと変更時に『エラー』になることがあります。

 ここで基本中の基本『CV29とは?』について簡単におさらいを。
 CV29は『スロットル前進位置での進行方向(前進 or 後進)』、『アドレス対応桁数(2桁 or 4桁)』、
『スピードステップ数(14 or 128)』、『アナログDC制御(OK or NO)』といった運転する上で重要な部分
を司っている全CV値の中でもたいへん重要なCV値です。

 そのため場合によっては他の数値にまで影響を与える可能性もありますのでご注意ください。
 なおCV29内の数値に関してはデコーダーメーカーによって一部異なる場合がありますのでここには記載
しませんがMRC社のサイト内ではPDFファイル形式でダウンロード出来るようになっています。
4.ページモードの使用は中止するべし
 D-101セット付属の説明書及びDCS50K(=D-101セットに含まれるコマンドステーション兼コントローラ
ー)の初期設定のプログラムモードは『ページモード(=PAGE)』ですが数年前よりデジトラックスのデコーダ
ーでさえページモード非対応のデコーダーが出て来ております。
 それだけでなくMRCやサウンドトラックスなどのデコーダーではページモードでは読み込めない、エラー
表示になる、書き込み時に意図しないデータが書き込まれる、といった不具合が続出しています。

 これを防ぐに当店では『ダイレクトモード(=dir)』を使用することをお勧めします。DSC50Kにはプログラム
モードが4種(=ページ、ダイレクト、フィシカル、)搭載されていますがダイレクトモードはページモードの表示
が若干異なる(=Pの代わりにFがひっくり返ったような表示になります)だけでプログラムレールを使用する、
といった部分は同じです。
5.線路及び車輪のクリーニングは十分するべし
 最近の製品は比較的消費電流の少ないカンモーターやLEDランプを使用している製品が多いので
以前ほど汚れなくなりましたが、いくら消費電流が少ない、と言ってもDCCの場合、常時高電圧(=
といっても12~16V程度ですが…)を流しているわけですから線路面の汚れは棒モーター+12V電球程
ではないとはいえ『比較的早い』と言えます。
 DCCにとって集電は命。汚れると正確な信号を拾えなくなるため最悪、暴走や脱線といった『事故』
につながります。
 そうなる前に集電車輪と線路のクリーニングは十分行ってください。なおこの際、『ヤスリ等で磨く』という
行為は非常に細かいサンドペーパー類(=WAVE製『ヤスリスティック・フィニッシュ』クラスの非常に細かい
ものを除く)線路面が荒れて必要以上のスパークによって汚れを呼び込むことになるので、ニッケルメッキ・
レールでは不要です。ヤスリ研磨が絶対に必要なのは『真鍮地剥き出しの線路だけ』です。
 それ以外のニッケルメッキやステンレス線路は上記のヤスリスティック・フィニッシュで研磨して表面をツル
ツルにした上でカトーなどのレールクリーニング液で清掃するだけで十分に集電効果を保てます。
6.記事内容:未定(Coming Soon)



Coming Soon