さかつう鉄道模型店




アサーン/Nスケール 蒸気機関車-01

(Athearn N-Scale Steam Locomotives-01)

《注 意》
DCCデコーダー(サウンド付きを含む)付き機関車は
下記のコントローラーによる運転は厳禁です!
・高周波制御またはパルス制御式コントローラー

・ライト類の常点灯機能を持ったコントローラー

(例:カトーKC/KMシリーズ、ハイパーD、トミックスCLシリーズなど)

・実車に近い加減速機能のあるコントローラー

(例:カトーECS-1、トミックスDUシリーズなど)

・純粋な直流電気以外の信号を流すコントローラー

(例:天賞堂SL-1/EL-1など)
これらを使用した場合、確実に故障します!
《電源投入時のご注意》
 アサーン社が現在採用しているサウンドトラックス社のデコーダーは許容電流値が同じアメリカメーカーの
デジトラックス社、MRC社辺りに比べて低いためアナログDC以来の従来式である
『先載せ、後電源投入
だと長い目で見ると将来的にデコーダーを痛める確率が高いです。
 そのため当店では
『先電源投入、後(リレーラーで)載せ』をお勧めします。

〈アサーン製品に使用されているカプラーについて〉
 アサーン製Nスケール製品には現在、マックヘンリー社製ナックルカプラーが標準装備されておりますが
この連結器は構造上、『非常にバネ飛びしやすい』という欠点があります。バネだけ入手して交換して
いても良いのですが何度も交換しているとバネ代だけでも馬鹿にならない金額になりかねないので当店
では交換できる車種についてはマイクロトレインズ製ナックルカプラーへの交換をお勧め致します。
 ちなみにアサーンの機関車はほぼ、ボディーマウントされているのでマイクロトレインズ1015-1で交換
可能なはずです。(マイクロトレインズ社のコンバージョンリストにて確認済み。)




《特価品コーナー》
 長期在庫品、ダメージ、不良等になっている商品を特価にしました。なお特価のため代引き、
クレジットカードは適用外(当店規定金額を超えても、です)となります。ご了承ください。
 通販の場合でも銀行振込、現金書留の際は特価対象となります。
ATH-22909OL UP 4-8-8-4 "Big Boy" w/DCC & Sound
UP/Late Version #4022 Coal
当店価格:¥86,400-(税込み・消費税8%時)のところ
現金特価:¥64,800-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:残1(2018-06-04更新)
*前面ヘッドライト不点灯。LED切れ?

*フロントデッキ上の放熱管を移設した後期仕様です。
*前面ヘッドライトが点灯しないだけで後は全部大丈夫
なので『ツナミ仕様ビッグボーイまたはチャレンジャーとの重連
の2輛目用』にどうぞ!



ノーザン・パシフィック(NP) 4-6-6-4 クラスZ-8
連接型蒸気機関車
(ツナミDCCサウンド・ESU/Lokサウンド付き)
 『ノーザン・パシフィック・チャレンジャーの最終形態』ともいうべき形式で大戦中の1943年から1944年
にかけてアメリカン・ロコモーティブ・カンパニー(=Alco)にて計20輛が製造された単式連接型蒸気機関車
です。
 一応、1943年製造分が5130-5139、1944年製造分が5140-5149ですが大きな違いは特にはあり
ませんがキャスト・パイロットのモダンな形状にコンプレッサーを2基、煙室扉に取付けるライバルのGNにも
多い造作。実際、2個前の形式であるZ-6(=1937年製)は2輛(4000-4001)だけですがGNにもSP&S
経由(=元903-904)で納入されています。(戦後、SP&Sが買戻し。)
 このZ-8はGNには納入されませんでしたがNPとGN共同出資のスポーケン・ポートランド&シアトル
(SP&S)鉄道には2輛(910-911)納入されています。(Z-6も6輛納入。900-905)
 またNPの5140、5148の2輛はSP&S機のように重油焚きに改造されました。

 残念ながらNP/SP&Sチャレンジャーは全形式、解体されたため保存機はありません。
・DC/DCC兼用サウンド付きです。(サウンドユニット:サウンドトラックス社製デコーダー)
 そのためアナログ制御の際はパルス制御、高周波等、電気以外の信号を流すコントローラー(例:
カトー:KC/KM/KLシリーズ、ハイパーD/DX、トミックス:-CLシリーズ、天賞堂:SL-1/EL-1など)を
使用すると確実に
破損します!ご注意ください。
・最少通過可能半径(予定):280mm以上
・前部カプラーは省略されました。ご了承ください。ただしボックスと取付け用ビスは装着されていました。
そのためマイクロトレインズの車体マウント用をキット状態で組み付けると使用出来るような気はします。
(要検証)
 または『完全ダミーで良い!』という方はトミーテックの鉄道コレクションの一部車種に付いている
黒成型の自連(=密着自連ではダメです)がハマるように連結器側の根元をヤスリ等で成型した上で
跳ね上げ状態 or 出した状態で接着してしまう、という手もありそうです。
〈店頭在庫あり〉
Northern Pacific(NP) 4-6-6-4 class Z-8
 w/Coal Tender Version, w/DCC & Sound
当店価格:各¥77,760-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:
ATH-22930 #5138:残1(2017-10-10更新)
ATH-22931 #5148:売切れ(2017-10-10更新)

*サウンドトラックス/ツナミ仕様です。
*カブースはマイクロトレインズ製をご用意致しましたので
合わせてご利用ください。
〈売切れ・完売〉
ATH-22932
Spokane, Portland & Seattle(SP&S) 4-6-6-4 class Z-8
 w/Oil Tender Version, w/DCC & Sound
#910
当店価格:¥77,760-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:売切れ(2017-10-10更新)

*サウンドトラックス/ツナミ仕様です。

注意:第1回生産分が発売されていないにもかかわらず第2回生産分が発表になっておりますが第2回
生産分より搭載されるDCCサウンドデコーダーの変更(サウンドトラックス/ツナミ→ESU/Lok Sound)
が発表になっております。重連を予定されている方はご注意ください。
 なお状況によっては第1回生産分も予告なくデコーダー変更が行われる可能性もあります。
(2017-02-27記載)
ATH-22983 Northern Pacific(NP) 4-6-6-4 class Z-8
 w/Coal Tender Version, w/DCC & Sound
#5130
当店価格:¥82,944-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:完売(2018-05-30更新)

*ESU/Lok Sound仕様です。
ATH-22984 Northern Pacific(NP) 4-6-6-4 class Z-8
 w/Oil Tender Version, w/DCC & Sound
#5140
当店価格:¥82,944-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:完売(2018-05-30更新)

*ESU/Lok Sound仕様です。
ATH-22985
Spokane, Portland & Seattle(SP&S) 4-6-6-4 class Z-8
 w/Oil Tender Version, w/DCC & Sound
#911
当店価格:¥82,944-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:完売(2018-05-30更新)

*ESU/Lok Sound仕様です。



ユニオン・パシフィック(UP)鉄道
4-8-8-4 ビッグボーイ("Big Boy")形蒸気機関車
(DCCサウンド付き仕様)

*前期形仕様。フロントデッキに板状になった冷却パイプの束が2つ載っているのが特徴。
4000号機から4019号機までの20輛がこの状態で完成しました。
なお4005号機ではこの状態で重油専燃化試験も行われましたが試験時に
火室全体にうまく火が廻らなかったため後に石炭焚きに再改造されています。



*後期型前期形。フロントデッキにあった2つの板状の冷却パイプの束が小型
かつ1つになったため見えなくなっています。4020号機から4024号機までの
5輛がこの状態で完成しました。なお前期形も同様に改造されました。



*4019号機前期型除煙板付き。戦後すぐの時期に4019号機のみで試験された
特別仕様。4-6-6-4チャレンジャー型での効果を見て数回、通常運用中に試験しましたが
大きな効果が見られなかったため2週間程度で撤去されたいわば『幻の仕様』です!
 第二次世界大戦中の輸送力増強用にユニオン・パシフィック(Union Pacific・UP)鉄道が
アメリカン・ロコモーティブ・カンパニー(American Locomotive Company=Alco)に25輛(=4000~
4019, 4020~4024号機)製造させた『世界最強の蒸気機関車』です。
 貨物用(ですが蒸気暖房の引き通し管を持っているので旅客列車牽引は可能)ながら、その動輪径は
我が日本のC62に匹敵するサイズ。その動輪がさらに1軸分多い上に1輛内に2組み付いている(という
ことはC62クラスの動輪を持つD形機が重連状態!)車体。

 鉄道省東海道線旧箱根越え(=現在のJR東海御殿場線)にて運用された9020、9750、9800、
9850形の各形式を見ていると『連接機はスピードが遅い』と思われるでしょうが彼らは『複式連接機
(Compound Expansion)』で1組のシリンダーで使用した蒸気をもう1組で再利用するので牽引力は
ありますが速度は出ません。
 しかしビッグボーイ、チャレンジャーなど、アメリカの多くの関節式蒸気機関車は『単式連接機
(Simple Articulated or Simple Expansion)』のため牽引力があり、かつ勾配区間での重牽引時
でも高速走行が可能なため他の旧式蒸気機関車が廃車になる中、1950年代になってもビッグボーイ
重連で40フィート級貨車120輛以上牽引の記録写真や動画が多数残されています。

 なお実車はUP蒸機が全廃された1960頃までに全機廃車になりましたが、その巨大さから全輛数の
割に多くの鉄道博物館に引き取られましたが逆に巨大過ぎて動態保存機は皆無でした。
 1990年代末に、とある鉄道博物館の保存機を動態に復元した上で映画を撮影する企画が立ち
上がりましたが2001年9月に発生した『アメリカ同時多発テロ事件』の余波で計画はとん挫しました。

 ところが2010年代になってUP自身がいくつかの鉄道博物館に打診して2019年5月のアメリカ大陸
横断鉄道開通150周年記念式典の目玉として動態復元を決定。
 しかし目玉展示品が無くなる事に多くの博物館が難色を示しましたがその中で屋外保存にも
かかわらず乾燥した気候等の条件で状態が一番良いとされたカリフォルニア州ポモナ近郊の鉄道公園
に保存中だった4014号機が譲渡の名乗りをあげました。
 2013年夏、UPは正式に同機を再取得。2013年秋に現地に近隣の線路までの仮線路敷設まで
して(=博物館自体が元野球場への側線でした)搬出した上で一度、最近隣のUP機関区へ搬入。
長躯本線移動に耐えられるだけの整備を行った上で大陸横断鉄道全通145周年の日が間近に
迫ったある日、2014年春にワイオミング州シャイアン工場へ搬入されました。
 現在は通常修理の合間をぬって復元作業が続けられています。
・DC/DCC兼用サウンド付きです。(サウンドユニット:サウンドトラックス社製デコーダー)
 そのためアナログ制御の際はパルス制御、高周波等、電気以外の信号を流すコントローラー(例:
カトー:KC/KM/KLシリーズ、ハイパーD/DX、スタンダードSX、トミックス:-CLシリーズ、天賞堂:
SL-1/EL-1など)を使用すると確実に
破損します!ご注意ください。
*一説には『トミックスのコントローラーは全部ダメ!』という方もいらっしゃいます。本当に大丈夫そうな
アナログDCコントローラーはカトー:スタンダードS、天賞堂:TS-1位かもしれません。
〈売切れ・完売〉
*下の4005号機について:ビッグボーイで唯一、試験的に重油焚きに改造された機番ですが結果が
思わしくなかったため石炭焚きに再改造されています。
*実車はコロラド州デンバー近郊のForney Transportation Museumに静態保存されています。
ATH-22900 UP 4-8-8-4 "Big Boy" w/DCC & Sound
UP/Early & Oil Burner Test Version #4005
当店価格:¥86,400-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:完売(2018-05-30更新)

*再生産品です。ご注意ください。
*下の4014号機について:実車はカリフォルニア州ポモナのLos Angeles County Fairplexに
UP 9000クラス4-12-2、SP 5000クラス4-10-2などと共に静態保存されていましたが2013年夏、
UPの手により動態に復元されることが決定。同年秋に搬出されました。
 現在はUPシャイアン工場にてアメリカ大陸横断鉄道開通150周年の年に当たる2019年春を
目標に作業中です!
*こちらは現役時原型仕様です。
ATH-22902 UP 4-8-8-4 "Big Boy" w/DCC & Sound
UP/Early Version #4014 Coal
当店価格:¥86,400-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:売切れ(2018-06-05更新)

*再生産品です。ご注意ください。
*下の4019号機について:ビッグボーイで唯一、試験的に除煙板付きに改造された機番ですが
結果が思わしくなかったため数週間以内に撤去されています。
 そのため写真は1枚程度しか残されていません。
ATH-22903 UP 4-8-8-4 "Big Boy" w/DCC & Sound
UP/Early & Smoke Deflectors Test Version #4019 Coal
当店価格:¥86,400-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:完売(2018-05-30更新)

*再生産品です。ご注意ください。
ATH-22905 UP 4-8-8-4 "Big Boy" w/DCC & Sound
UP/Early Version #4000 Coal
当店価格:¥86,400-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:完売(2018-05-30更新)

*トップナンバーの原型仕様です。フロントデッキ上に放熱管が
露出しているのが前期形の特徴です。
なお前期形も後に後期型に合わせた改装を行われております。
ATH-22906 UP 4-8-8-4 "Big Boy" w/DCC & Sound
UP/Early & Rebuilt Version #4007 Coal
当店価格:¥86,400-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:完売(2018-05-30更新)

*前期形ですが後期型に合わせるために前端デッキ部の放熱管
を改装した仕様です。
ATH-22907 UP 4-8-8-4 "Big Boy" w/DCC & Sound
UP/Early Version #4013 Coal
当店価格:¥86,400-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:完売(2018-05-30更新)
*下の4014号機動態保存仕様(仮)について:実車はカリフォルニア州ポモナのLos Angeles
County FairplexにUP 9000クラス4-12-2、SP 5000クラス4-10-2などと共に静態保存されて
いましたが2013年夏、UPの手によって動態に復活することが正式決定になりました。
(2015~2018年頃予定・Wikipedia日本語版より。)そのため現在はポモナを離れ、シャイアンの
UP工場に入場しております。
*こちらは動態保存仕様(仮)です。チャレンジャー3985号機と同様、重油専燃仕様に改装される
予定です。
ATH-22908 UP 4-8-8-4 "Big Boy" w/DCC & Sound
UP/Early & Execursion Version #4014 Oil
当店価格:¥86,400-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:完売(2018-05-30更新)
ATH-22909 UP 4-8-8-4 "Big Boy" w/DCC & Sound
UP/Late Version #4022 Coal
当店価格:¥86,400-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:売切れ(2018-06-05更新)

*フロントデッキ上の放熱管を移設した後期仕様です。

ATH-22901 UP 4-8-8-4 "Big Boy" w/DCC & Sound
UP/Early Version #4012 Coal
当店価格:¥73,500-(税込み・消費税5%時)
在庫状況:完売(2013-07-29更新)

*実車はペンシルバニア州スクラントンのSteamtown National
Historic Siteに静態保存されています。
ATH-22904 UP 4-8-8-4 "Big Boy" w/DCC & Sound
UP/Late Version #4023 Coal
当店価格:¥73,500-(税込み・消費税5%時)
在庫状況:完売(2014-02-18更新)

*フロントデッキ上の放熱管を移設した後期仕様です。
前期形も同様の改造を受けています。
*実車はネブラスカ州オマハ近郊のLauritzen Gardensに
静態保存されています。
《旧製品のビッグボーイ、チャレンジャーをお持ちの方へ》
 MRC時代のデコーダーを搭載している製品をお持ちの方で『リモコンから解放されたい!』という方、
サウンドに不満のある方には下記デコーダーへの換装をお勧めします。
 ただし、アナログDC時の汽笛、鐘の操作は『機関車任せ』になります。(MRCブラックボックス併用時を
除く。)
 また使用出来ないコントローラーがあるのはDCC/DC兼用である以上、従来どおりです。
678-826601 Tsunami TSU-4664N
 for Athearn-N Big Boy & Challenger
当店価格:¥19,992-(税込み・消費税5%時)
在庫状況:完売(2014-03-31更新)

*アサーンNスケール蒸機の交換用デコーダーです。交換には
一部ハンダ付け作業が必須です。
*DCC/アナログDC兼用です。
*スピーカー(8オーム仕様)は車輛付属の物が転用出来ます。
*スピーカー用コード(ソケット付き)同梱。



ユニオン・パシフィック(UP)鉄道
4-8-8-4 ビッグボーイ("Big Boy")形蒸気機関車
(アナログDC仕様)
・こちらは『アナログDC仕様』ですのでサウンド等はありません。
・DCCは準備工事(NMRA 8ピン及び9ピン付き)のみですので各社から発売されている蒸気機関車
 用デコーダーを搭載することでDCC化出来ます。
〈売切れ・完売〉
*下の4014現役時代仕様について:実車はカリフォルニア州ポモナのLos Angeles County
FairplexにUP 9000クラス4-12-2、SP 5000クラス4-10-2などと共に静態保存されていましたが
2013年夏、UPの手によって動態に復活することが正式決定になりました。
(2015~2018年頃予定・Wikipedia日本語版より。)そのため現在はポモナを離れ、シャイアンのUP
工場に入場しております。
*現役時原型仕様です。
ATH-22992 UP 4-8-8-4 "Big Boy" Analog DC Version
UP/Early Version #4014 Coal
当店価格:¥69,120-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:完売(2018-05-30更新)
*下の4014号機動態保存仕様(仮)について:実車はカリフォルニア州ポモナのLos Angeles
County FairplexにUP 9000クラス4-12-2、SP 5000クラス4-10-2などと共に静態保存されて
いましたが2013年夏、UPの手によって動態に復活することが正式決定になりました。
(2015~2018年頃予定・Wikipedia日本語版より。)そのため現在はポモナを離れ、シャイアンの
UP工場に入場しております。
*こちらは動態保存仕様(仮)です。チャレンジャー3985号機と同様、重油専燃仕様に改装される
予定です。
ATH-22998 UP 4-8-8-4 "Big Boy" Analog DC Version
UP/Early & Execursion Version #4014 Oil
当店価格:¥69,120-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:売切れ(2017-07-07更新)



ユニオン・パシフィック(UP)鉄道
4-6-6-4 チャレンジャー("Challenger")形蒸気機関車
(DCCサウンド付き)
 第二次世界大戦中の輸送力増強用にユニオン・パシフィック(Union Pacific・UP)鉄道が
アメリカン・ロコモーティブ・カンパニー(American Locomotive Company=Alco)に65輛(=3930~
3999・製造順不同)製造させた蒸気機関車で、初期型(=3900~3939→3800~3839)とはテンダー
形状等が大きく異なるため当時のUPの技師オットー・ジャベルマン氏の名から別名『ジャベルマン・
チャレンジャー』という言い方もあります。
 客・貨両用で、その動輪径は我が日本のC62に匹敵するサイズが1輛内に2組み付いている(ということ
はC62クラス重連状態!)車体。

 『連接機はスピードが遅い』と思われるでしょうがビッグボーイ、チャレンジャーは『単式連接機(Simple
Articulated)』のため勾配区間での重牽引時における高速走行が可能なため他の旧式な蒸気機関車
が廃車になる中、1950年代になっても貨物列車に運用される姿が残されています。
 なお実車はUP蒸機が全廃された1960頃までに全機廃車になりましたが、現在3977号機が静態保存
、3985号機はUP管理の元、『世界最大の動態保存蒸気機関車』として動態保存されています。

 また1943年にUPが発注した31輛のうち、6輛が戦時輸送局を経由してリオグランデ鉄道に貸し出しに
なりL-97型となりました。戦後それはクリンチフィールド鉄道へ売却されています。
・DC/DCC兼用サウンド付きです。(サウンドユニット:サウンドトラックス社製デコーダー)
 そのためアナログ制御の際はパルス制御、高周波等、電気以外の信号を流すコントローラー(例:
カトー:KC/KM/KLシリーズ、ハイパーD、トミックス:-CLシリーズ、天賞堂:SL-1/EL-1など)を使用
すると確実に
破損します!ご注意ください。
・石炭焚きと重油焚きでのアシュパン(=灰箱)の有無は作り分けられておりません(=重油焚きはアシュ
パン無しが正しい)が製品は『すべてアシュパン付き』なので気になる方は切除することをお勧めします。
〈発売予定・2017年10月以降に大幅再々延期・受付休止〉
*発売が非常に先で為替レートの動きが読めないため幅を持たせた予価表示とさせていただきます。
また発売が予定よりも延期され、仮に消費税額改訂に引っ掛かった場合は各価格も変更となります。
合わせてご了承ください。
*当店でのご予約が初めてのお客様の場合、『ご予約金』として当店価格の%(¥30,000-・発売後
、商品お引き取り時に精算致します)をご予約時にお預かりする場合があります。ただしお客様都合で
キャンセルされた場合は『違約金』としてご返金出来ませんのでご注意ください。
 2012年発表・2013年発売時にご予約いただきながらお引き取りいただけなかった事例が数例(=特に
通信販売の方に)発生したためです。ご了承ください。
*UP #3977 & 3984:10輛程度を旅客運用に優先的に運用するため当時の客車に合わせて灰色
濃淡で塗装されました。ただし文字・ラインニングの黄色は後年、黄色塗装の客車に合わせたもので
初期は2トーングレーの客車に合わせた銀色。)
 なお今回分の方がレタリングパターンが正規の仕様になります。
*初回分の3977号機は『静態保存機のある一時期の姿』ということになります。
Union Pacific(UP) 4-6-6-4 "Challenger"
 w/DCC & Sound
UP/2-Tone Gray/Oil Burner & w/Smoke Lifters
ATH-22922 #3977
ATH-22928 #3984
当店価格:各¥82,944-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:売切れ(2018-06-05更新)
ATH-22923 Union Pacific(UP) 4-6-6-4 "Challenger"
 w/DCC & Sound
UP/Black/Oil Burner & Fan Trip Version #3985
当店価格:¥82,944-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:売切れ(2018-06-05更新)

*動態保存機として有名な3985号機。今回はサウンド
デコーダーを換装しての再登場になります!
ATH-22927 Union Pacific(UP) 4-6-6-4 "Challenger"
 w/DCC & Sound
UP/Black/Oil Burner & w/Smoke Lifters #3715
当店価格:¥82,944-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:売切れ(2018-06-05更新)

*見本写真は別車番ですが実車写真及び見本イラストにて
デフ付きであることを確認致しました。(2015-03-07追記)
ATH-22929 Union Pacific(UP) 4-6-6-4 "Challenger"
 w/DCC & Sound
UP/Black/Oil Burner #3999
当店価格:¥82,944-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:売切れ(2018-06-05更新)

*後年、重油焚きに改造された姿です。
*下のリオグランデ仕様について:戦時中、戦時輸送局にボールドウィン製で同軸配置の自社形式
(=L-105)の増備を申請したリオグランデ鉄道でしたが『製造効率が悪い』という理由から当時生産中
だったUPチャレンジャーを6輛割り当てられましたが異端児のため戦後はクリンチフィールド鉄道へ売却
されました。
ATH-22926 4-6-6-4 "Challenger" w/DCC & Sound
Rio Grande(D&RGW)/Black/Coal Burner #3805
(Class L-97)
当店価格:¥82,944-(税込み・消費税8%時)
在庫状況:売切れ(2018-06-05更新)
〈売切れ・完売〉
ATH-22925 4-6-6-4 "Challenger" w/DCC & Sound
Clinchfield(ex-D&RGW)/Black/Coal Burner #675
当店価格:¥70,560-(税込み・消費税5%時)
在庫状況:完売(2013-11-16更新)

*リオグランデ鉄道が戦後、ディーゼル化に伴い放出した
L-97型をクリンチフィールド鉄道が購入後、自社で煙突を
2本から1本に改造した姿です。



2-6-0/2-8-0古典機関車
(Old Time 2-6-0/2-8-0 Steam w/Tender)
F59PHIディーゼル機関車
アサーンNスケール客車/客車列車へ移動しました。



Coming Soon